サージェリーファースト

外科+マウスピース矯正とは?

外科+マウスピース(インビザライン)矯正

マウスピース(インビザライン)矯正は簡単な歯の矯正治療しか対応できないという説明を見かけることがありますが、矯正専門医の立場では誤った表現と言えます。
確かにマウスピースだけでは治療出来ない症例はありますが、その場合は外科手術を先におこない(サージェリーファースト)、その後マウスピース矯正で治療をします。高度な手術を含む外科矯正は、矯正専門のドクターによる精密な治療計画のもとで治療を進めることを、強くお薦めします。


透明なインビザラインは付けていることが目立たず、自分自身で取り外すことも可能。さらにインビザランなら、通院頻度が一般的な矯正治療より少なくなるといった利点もあります。

マウスピースの部分矯正のメリット

  1. 1 外科手術で治療期間を大幅(平均50%)に短縮

    外科矯正では歯の移動だけでなく顎など、骨格に対して外科的な処置をおこなうため矯正期間が大幅に短縮されます。悪い歯並びの根本原因を解消することで、見た目の美しさと噛み合わせの両方を大きく改善します。

  1. 2 歯並びだけでなく輪郭や顔立ちも美しく

    骨格による輪郭のコンプレックスも外科手術によって解消することで、「美しく理想的な口もとを作ること」ができます。輪郭や顔立ちのコンプレックスも解消できる場合が多く、患者さまには大変喜ばれているポイントです。一人ひとりの美しさのため、歯並びだけでなく「骨格の審美的デザインセンス」に長けた提携医療機関にこだわり厳しい基準で選定しています。

外科+マウスピース(インビザライン)矯正治療の流れ

  1. ー1ー
    精密検査・治療計画

    治療をお決め頂いたら当院で検査を致します。渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システムの特徴は、3D デジタルによる一環した治療システムです。歯科用CT・デジタルレントゲンや口腔内 3D スキャナーによる精密検査で得られたデータは、矯正専門医による治療計画に用いられ提携医療機関による外科手術に活かされます。

  2. ー1ー
    外科手術の実施

    患者さまの症状に併せて「上顎の手術例(上顎骨切り術)」や「下顎の手術例(下顎枝矢状分割術)」など治療計画に基づいて提携医療機関で外科手術を行います。外科手術後に歯列矯正を開始する時期は執刀医師と歯科医の判断のもと、患者さまと相談して決定します。

  3. ー1ー
    マウスピース矯正スタート

    外科術後の痛みが引いた後、マウスピース矯正を開始します。はじめの期間については約1ヶ月に1度の間隔で通院していただき、調整などを行います。 その後、各治療段階に合わせて、歯科医の指示に従いながら2週間に1度のペースで付け替えをご自分で行います。 この間の通院頻度は1ヶ月から3ヶ月に1回程度(*症状によります)になりますが、歯の動きに不安がある場合などはすぐご来院ください。治療中の注意点: マウスピースは1日20時間以上装着してください。 食事や歯磨きの際には外すようにしましょう。

矯正治療は患者さまの症状により 期間が異なりますのでご注意ください。