ホワイトニング

歯科による本気のホワイトニング

人の歯は日々の食事や嗜好品、経年変化によって少しずつ色が変化しています。笑顔で歯がのぞいた時に白く美しい歯であれば、その笑顔がより素敵に感じるはずです。真っ白である必要はありませんが、自分の歯により自身を持ち生涯大切にするためにも、ホワイトニングによって清潔感のある白を手に入れませんか?

近年、ホワイトニングはエステサロンや自宅で気軽にできるケアとしてますます一般的になりつつあります。けれども、ホワイトニングは本来、歯科医師か歯科衛生士に認められた医療行為です。 渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システムではドクターや歯科衛生士が自分でも使いたいと思える薬剤や機器を用い、専門知識に基づいた安全で安心なホワイトニングを行っています。

歯の色が黄ばむ原因は?

 歯の気になる黄ばみは、「遺伝」「加齢」「汚れ」の三つの原因が関係しています。

 まず、歯の色は遺伝によって個人差がある上、エナメル質の下にある象牙質は加齢と共に黄ばんでいきます。

 日々の飲食によって歯は汚れていきますが、その汚れにも表面的な汚れとエナメル質に沈着してしまった汚れがあります。

 日々のブラッシングやクリーニングで、表面的な汚れには対処できますが、 遺伝や加齢による歯の色や歯に染み付いてしまった汚れにはホワイトニングによるケアが必要になります。

ホワイトニングで
歯が白くなるのはなぜ?

 ホワイトニング剤を用いると歯が白くなります。歯が白くなる理由のひとつは、歯へ沈着した色素が漂白されるためです。 ただ、それだけではありません。ホワイトニング剤は歯のエナメル質の表面構造を変化させることによって象牙質の「黄ばみ」を隠すので、使用後には歯が「白く」なったように見えます。

エナメル質に沈着した色素の漂白

  ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素などが歯に沈着した色素を無色透明に分解してくれます。クリニックで行うオフィスホワイトニングでは歯の表面の汚れだけでなく、エナメル質自体に沈着した汚れ・色素も分解していきます。

エナメル質の表面構造の変化

  エナメル質が綺麗になっても、象牙質の黄ばみが目立つばかりですが、ホワイトニングには象牙質の黄ばみをマスキングする働きもあります。ホワイトニング剤から発生した活性酸素はエナメル質の表層の構造を変え、光を乱反射させるため、歯の表面にに透けて見えていた象牙質の黄ばみを隠し「白く」見せてくれます。

痛くない、体にやさしいのに、
白さを約束

ポリリンプラチナホワイトニング

 渋谷矯正歯科 マウスピース矯正システムがお届けする「ポリリンプラチナホワイトニング」は従来の製剤ホワイトニングとは根本的に異なります。
ポリリン酸という体内に自然に存在する生体高分子に、ナトリウムを配合し、ホワイトニングに使用しています。 コスメやサプリでお馴染みの美白成分、白金ナノコロイドの配合により、白さは従来の3倍、ラジカル2.81倍の効果*を発揮する驚きのホワイトニングです。(Laboベースアバタイト実験より) ※株式会社西尾データ比 ※痛み方や効果には個人差がございます。

矯正治療は患者さまの症状により 期間が異なりますのでご注意ください。