インビザラインの治療について

マウスピース矯正
(インビザライン)とは?

マウスピースの
治療について

 アメリカにおいて、歯の矯正は、芸能人はもちろんのこと、一般の人でももはや「常識」となっていると言ってもいいでしょう。その矯正大国アメリカで1998年に開発されたのがマウスピースを用いたインビザラインと呼ばれる治療システムです。
 日本には、2006年ごろ輸入され始め、徐々に知られてくるようになりました。

インビザラインの
メリットは?

1 透明で目立たない
2 着脱が自由
3 お口の中を傷つけない
4 通院頻度が少ない

 矯正治療中は矯正装置の調整のため、定期的に通院する必要がありますが、マウスピース矯正の場合はその「調整」作業がご自分でできます。
 どのようなことかというと、一つのマウスピースから次のマウスピースへと付け替えるだけで、ワイヤー矯正の「調整」作業に当たることを「ご自宅で」できるということです。
 そのため、順調に治療が進んでいれば、通院頻度はワイヤー矯正に比べ、少なくなります。
 治療の経過を確認するための通院は行いますが、頻度は1ヶ月から3ヶ月に1度が目安です。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。