マウスピースの部分矯正

マウスピースの部分矯正とは?

マウスピースの部分矯正

従来のワイヤーやブラケットを使用が不要で透明なマウスピースだけで矯正を行うマウスピース型矯正(インビザライン)は、気になる前歯の部分矯正に最適です。
従来の矯正方法で悩んでいた方も透明で見えないマウスピース型矯正なら、食事や歯みがきの時は外すことできるので治療中も快適です。もちろん仕上がりもワイヤー矯正と変わりません。


透明なマウスピースは付けていることが目立たず、自分自身で取り外すことも可能。さらにマウスピース型矯正なら、通院頻度が一般的な矯正治療より少なくなるといった利点もあります。

マウスピースの部分矯正のメリット

  1. 1 前歯こそ見えないマウスピース型矯正

    日常生活でもっとも目立つのが前歯です。 矯正治療を意識せずに快適に過ごせる透明で見えないマウスピース型矯正は前歯の治療におすすめです。また食事や歯みがきの際は自分で外すことができるので、清潔で快適な治療を続けることができます。

  2. 2 ワイヤー矯正と変わらない矯正効果

    3Dデジタル技術を活用した綿密な治療計画で、従来のワイヤー矯正と変わらない矯正結果を実現します。マウスピース型矯正は専門のクリニック選びがポイントです。

マウスピースの部分矯正治療の流れ

  1. ー1ー
    マウスピースの作成

    スキャニングを行ったお口の中のデータは米アライン社へ送信し、マウスピースの製作を依頼します。ただ、アライン社に任せきりというわけではなく、歯の動かし方などについては医師が精査し、正しいかみ合わせ、歯並びへ向けて治療計画を立てていきます。
    矯正治療の知識を持った医師によるこの確認作業が治療の成功を左右する重要な過程となります。
    また、マウスピース型矯正には「クリンチェック」と呼ばれる独自のアプリケーションがあります。
    モニターを利用して術前の歯の動きをシミュレーションすることができますので、治療の過程や整った歯並びをご自身の目で確認でき、モチベーション維持につながります。

  2. ー1ー
    マウスピースの装着

    いよいよマウスピースを装着し、治療を開始します。
    はじめの期間については約1ヶ月に1度の間隔で通院していただき、調整などを行います。
    その後、各治療段階に合わせて、歯科医の指示に従いながら2週間に1度のペースで付け替えをご自分で行います。
    この間の通院頻度は1ヶ月から3ヶ月に1回程度(*症状によります)になりますが、歯の動きに不安がある場合などはすぐご来院ください。
    通常は約2〜3年で治療は完了します。
    治療中の注意点: マウスピースは1日20時間以上装着してください。 食事や歯磨きの際には外すようにしましょう。

  3. ー1ー
    治療完了後、保定期間へ

    舌の癖などで歯並びが元に戻ってしまうこと(後戻り)がありますので、これを防ぐために約1〜3年はリテーナーと呼ばれる保定装置を付けていただきます。同時に2〜6ヶ月に1度のペースで通院していただき、噛み合わせなどのチェックを行います。万が一後戻りをしてしまった場合には軽度な歯列矯正用のマウスピースシステムもございます。

マウスピース部分矯正の費用
(デンタルローンのご利用)

治療内容 治療費 月々のお支払い額例
実質年率3.9% 120回払いの場合
マウスピース型矯正(部分)

466,560円(税込)

4,700円(税込) / 月

治療費詳細ページへ

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。