インビザラインの治療について

スポーツ選手の矯正

 スポーツを楽しむ人・本格的にスポーツを行うアスリートにとって、表側に矯正装置をつける矯正治療は口腔内を傷つける可能性があるため敬遠されがちでした。表側矯正では、歯の表面に金属のブラケットとワイヤーを装着するため、スポーツ中の接触や激しい動きによって、装置に当たる唇部分を切る恐れがあるからです。けれども、マウスピース型矯正治療(インビザライン)では、従来の矯正装置のような心配はありません。

噛み合わせとスポーツの関係

 人は瞬発的な力を出す時、奥歯を噛みしめています。スポーツ選手もボールを蹴る、打つ、走るといった動作の間には歯を噛みしめ、噛みしめることで力を発揮しています。そのため、噛み合わせに問題があった場合には本来発揮できる力を出しきれないことや、集中力を欠いてしまうことがあります。
逆に、上の理由から、スポーツ選手は通常の人よりも歯を噛みしめることが多く、そのために歯や顎に負担をかけています。歯や顎にかかる負担は、最終的に体の歪み繋がり、体の故障やパフォーマンスの低下をもたらします。

矯正中でもスポーツができる

 冒頭に書いたように、従来の表側矯正では矯正装置をつけたままのスポーツは危険でしたが、すぐ取り外せるわけでもなく、スポーツを行う人の中には矯正をしたくても諦めていた方もいることでしょう。
マウスピース型の矯正装置(インビザライン)は、スポーツ中も装着することができます。 スポーツの種類によってマウスピースの破損等の恐れがある際にはさらにマウスガードをつけて保護することもできますし、スポーツ中にはマウスピースを外しておくこともできます。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。