インビザラインの治療について

八重歯の矯正で感じる痛み

矯正の痛み

 マウスピースは2週間に1回のペースで交換していきます。 新しいマウスピースに換えた直後には窮屈さや多少の痛みを感じることがあります。 歯を少しずつ動かしていくために各マウスピースには少しずつ形の変化をつけてあるので、次のマウスピースへ進む時には歯が圧迫されたように感じます。ただしその痛みも長くは続かず、2〜3日経つと慣れるという患者さんが多く、痛みを感じない方もいます。

 これらの痛みは矯正治療時に必要不可欠な細胞の変化によって引き起こされるものです。マウスピース型矯正では矯正治療の中でもこの痛みが比較的小さいという特徴があります。

八重歯自体が引き起こす痛み

 また、八重歯は重なり方、歯の生える方向によっては、口が開けづらいことや、口腔内を傷つけて口内炎の原因になる場合があります。そういった場合でも、マウスピースは歯をカバーしてくれるため、矯正中からその痛みを退けることができます。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。