インビザラインの治療について

大人になってからの八重歯治療方法

 日本では八重歯を好意的に見ることが多く、芸能人にも八重歯がチャームポイントだとされる方がいます。しかし八重歯も放置しておくと、噛み合わせ・歯周病などの問題を引き起こします。

 八重歯の治療は抜歯をして行うことが一般でしたが「渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システム」は抜歯を避ける矯正治療に主軸に置き、 かみ合わせの観点から健康な歯についてはできるだけ残す方針をとっています。

  1. 抜歯による矯正

     矯正治療での抜歯というと健康な歯を2〜4本抜きます。 ただ、症状によっては抜歯を行わずに治療できる場合もあり、渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システムでは患者さまの希望と精密検査の結果を考慮した上で 治療の方法を決めていきます。
     現在のマウスピース型矯正治療では適応できる症状も広がっており、また歯の側面全体へ均等に力をかけていくことができるため、 比較的大きな動きでも可能になっています。

  2. 歯列を広げる矯正

     マウスピース型矯正は多くの歯に一定の力を加えることができるので、歯列を広げる治療を比較的得意としています。
     顎の大きさに制限されるので、広げる範囲に限界はありますが、図のように主にあごの側面へ向かって歯列を拡大することで、歯が整列するスペースが生まれます。
    新しくできたスペースに歯を整列させていくことによって、抜歯せずに八重歯の矯正が可能です。
    (図はあくまでイメージです。)

  3. 歯の表面をわずかに削る矯正(ディスキング)

     抜歯が必要ない症状で、多少のスペースを作るために歯の側面のエナメル質をわずかに削ります(0.5mm程度)。「削る」と聞くと、歯に影響がありそうに思えますが、痛みはありませんし、虫歯になることもありません。わずかに開いたスペースを使ってマウスピース型矯正で歯を整列させていきます。

治療期間は?

 症状によって治療方法や治療期間は異なりますが、軽度の八重歯であれば前歯部分だけを矯正していく「部分矯正」が適応できます。「部分矯正」であれば早くて数ヶ月で完了する場合もあります。
 また、通常の矯正治療であれば、1年から2年程度かかりますが、治療期間を短くするためのオプション治療を使用することで、治療期間を短縮することも可能です。
また、通院頻度に関しては、マウスピース型矯正ならば、2〜3ヵ月に1回の通院で済みます。忙しい生活を送っている大人でも、仕事などに支障をきたすことなく、治療を続けることができます。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。