インビザラインの治療について

出っ歯の治療の抜歯について

 大きく口元が出ている場合には、抜歯による矯正を選択することがあります。 抜歯を行う場合は、一般的に小臼歯を抜き、抜歯によって空いたスペースを使って歯列を後退させていきます。
 一方で抜歯をせずに出っ歯(上顎前突)を矯正することもできます。マウスピース型矯正は治療前に「クリンチェック」と呼ばれるシミュレーションをコンピュータ上で行うことができます。非抜歯の場合には劇的な変化は望めませんが、シミュレーションでの変化を確認していただき、「抜歯」を行うか、「抜歯を行わないか」を考えていただくことも可能です。

 抜歯を行わない治療では歯列を動かすためのスペースが限られているため、比較的突出感が軽い症状に向いています。 ある程度大きく歯列を動かしたい場合・骨格の矯正が必要な難しい症状の場合などは、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正や外科矯正をマウスピース型矯正治療と組み合わせることも可能です。まずは、どの方法が可能なのか矯正専門のクリニックに相談することをお勧めします。

親知らずの抜歯について

 抜歯を避けて矯正をすることは親知らずに関しては例外です。小さくなった現代人のあごにとって、親知らずはトラブルの原因となるものです。この親知らずが生えている方については、 綿密な検査を行った上で抜歯を行ってから矯正治療を行います。
 その他、歯を後方に動かすためのスペースを確保するため、歯のエナメル質をわずかに削るディスキングを行う場合もあります。

外科矯正を組み合わせた矯正

 上顎突出についてはがあごの骨格が原因となっていることもあります。特にあごの成長が上下で異なるなど、歯列の矯正だけで 症状の改善が難しい場合には、外科手術によってあごの骨格自体を矯正する方法があります。 マウスピース型矯正システムでは外科手術後の歯列矯正にマウスピース型矯正での治療を行っているので、難しい症状だとしてもマウスピースによる治療が可能です。外科手術を組み合わせた矯正方法の難易度は高くすべての方にお勧めできるわけではありませんが、マウスピースの治療を組み合わせることで、以前よりも患者さんへの負担やストレスの少ない治療となりました。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。