インビザラインの治療について

大人の出っ歯の治療方法

 出っ歯(上顎前突)の場合、永久歯の生え始め〜あごの骨の成長が止まる中学生くらいまでの間に矯正治療を行うことが理想です。けれども、基本的に矯正はどの年齢でも可能ですので、大人になってからでも出っ歯(上顎前突)の治療はできます。
 ただ、大人の矯正では歯周病に気をつけなければなりません。近年では多くの成人が知らず知らずのうちに歯周病にかかっていると言われていますが、歯周病のまま矯正治療を行う場合、歯周病が悪化する恐れや、矯正治療が計画通りに進まない恐れがあります。
 歯周病の不安がある方は、まずクリニックにご相談ください。 歯周病を治療した後に矯正治療を行うことができますし、矯正治療自体は歯周病予防など口腔内環境の改善に役立ちます。

原因別の矯正方法

あごの骨格性の不正が大きい

 骨格の成長途中の子供であれば、あごの成長を良い方向へ誘導することであごの骨格の矯正も可能ですが、 あごの骨の成長が止まってしまった大人の場合、抜歯による矯正を行う可能性が高くなります。また、骨格の問題が大きい場合には外科手術によって骨格を矯正していく方法(外科矯正)もあります。

 重度の出っ歯は歯の傾きを矯正しつつ、後ろへ下げてく必要があるので、歯を大きく動かしていきます。その場合裏側矯正治療の方が効果的に治療できる場合もありますので、精密検査を行った上で治療計画を練っていきます。

突出が比較的小さい
(出っ歯の程度が小さい)

 歯を抜かず、マウスピースによる矯正治療も可能です。部分矯正が適用できることもあり、程度にもよりますが、期間も比較的短くなる場合が多いです。

突出が比較的大きい(出っ歯が大きい)

 抜歯を行うか行わないかは、突出部の歯を後退させた時にすべての歯が収まるスペースがあるかどうかに関わってきます。スペースが無い場合は抜歯を行うこともありますが、患者さまの親知らずの状態によっては、親知らずを抜歯することで健康な永久歯を抜歯せずに矯正できます。
出っ歯の治療の抜歯について

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。