インビザラインの治療について

受け口(反対咬合)のデメリット

 受け口は俗に「しゃくれ」と呼ばれることもあり、やはり審美面を気にされている方が多いようです。

見た目で悩む

 受け口(反対咬合)の方の多くが口元の審美性を気にかけています。 受け口の場合下あごが前に出がちですので、初対面の相手などには不機嫌な印象を与えがちだと言われます。 体格の良いスポーツ選手にも受け口傾向にある方がいるので、もちろん頼もしいイメージもありますが、あごのトラブル原因になりやすい点は注意が必要です。

噛み合わせが悪くなる

 受け口では噛み合わせの乱れによって咀嚼が十分にできないというデメリットもあります。また、咀嚼が不十分なため、胃腸に負担をかけやすく、消化不良を起こしやすいこともあります。

滑舌・発音に問題がでる

 受け口の場合、上あごの前歯と下あごの前歯の位置が正常な歯並びとは逆になります。 そのため、音によっては発音しにくく、全体的に滑舌が悪い印象になります。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。