インビザラインの治療について

過蓋咬合とは

 上あごの前歯と下あごの前歯は通常少しばかり重なり合いますが、重なりの程度が大きい状態を歯科では過蓋咬合(かがいこうごう)と呼んでいます。過蓋咬合とは「ディープバイト」とも呼ばれ、かみ合わせが深いことを指します。
 早い時期に乳歯を失ってしまったり、奥歯の虫歯をそのまま放置していたり…と原因は様々ですが、他の不正咬合と同じく放っておくと顎関節症などにつながる恐れもあります。 また、上の歯の歯肉に下の歯があたってしまいお口の中に傷や口内炎が絶えない、ということもあります。

マウスピースによる過蓋咬合の矯正

 過蓋咬合は歯で歯を押してしまうことが多く、さらなる歯列の乱れ・不正咬合を引き起こすこともあります。また、後戻りしやすく、ワイヤーによる矯正でも治療が比較的難しいとされてきました。その上、過蓋咬合の症状は少し前までマウスピースでの治療はできませんでした。
 しかし、マウスピース型矯正も日々進化しています。研究の進展・技術の進歩によって現在のマウスピースは、過蓋咬合の治療にも対応できるようになりました。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。