インビザラインの治療について

過蓋咬合の矯正で感じる痛み

過蓋咬合が原因の痛み

 過蓋咬合の方の中にはかみ合わせが深い為に上あごの内側を下あごで傷つけ、お口の中の傷が絶えずに、苦労している方がいます。その場合、マウスピース型矯正(インビザライン)をすることによって歯がカバーされるので、矯正中には口の中を傷つけることはありません。 ただし過蓋咬合はかみ合わせの問題が大きく、マウスピースだけで治療するのは難しい場合があります。 矯正専門歯科によく相談した上で治療方法を決めていきましょう。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。