インビザラインの治療について

抜歯を避けた矯正方法

 上下の前歯が開いて、なおかつ前歯が前に倒れている開咬を矯正する場合、一般的に臼歯の抜歯が必要とされてきました。 唇側のワイヤー矯正の場合、奥歯を起点として歯を動かしていくため、奥歯の移動は難しかったためです。そのため、抜歯をしないと矯正の前の状態に戻りやすいであるとか、口が突出してしまうという意見も中にはありました。 しかし、マウスピース型矯正は歯列全体を後ろに移動させていくことを得意としています。更には、前方に倒れた歯に正しい力をかけていくことは従来のマウスピース型矯正では難しいとされていましたが、近年では技術の進歩によって十分治療が可能になりました。

ただし、症状によっては抜歯が必要なものもありますし、歯の開きがかなり大きい場合には骨格に問題がある可能性もあり、そうなると外科的な矯正をすることもあります。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。