インビザラインの治療について

開咬(オープンバイト)のかみ合わせで感じる痛み

歯自体やあごの痛み

 開咬の症状がある患者さんの場合、奥歯にかかる力が強いために奥歯の痛みや顎の痛みを引き起こすことがあります。 軽度の開咬であればそれほど矯正の必要はありませんが、奥歯が痛くて噛めない、顎が痛くて動かせない、という場合には治療をお勧めします。

歯の周囲の組織や知覚過敏の痛み

 また、開咬の場合、奥歯への負担のため歯根膜に炎症が起きたり、知覚過敏になることもあります。

 痛みが出ている場合には、早期に矯正専門クリニックへ相談ください。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。