インビザラインの治療について

大人になってからの開咬矯正

 開咬の方は上の前歯と舌の前歯の間が空くだけでなく、前歯の歯間に隙間があることも多く、そこに歯石がたまりやすくなります。そのため、開咬を放置しておくと、口臭や歯周病などを引き起こしかねません。開咬の治療では、上下の歯の傾きも改善していくので、歯と歯の隙間も無くなります。
 開咬の症状は幼児期から出やすく、早期に治療することでより容易に治療ができますが、大人になってからでも十分に治療が可能です。

 筋機能へもアプローチを行っていくことで、マウスピースや非抜歯での矯正治療もできます。

開咬の原因は?

 開咬になってしまう原因には様々なものがあり、複合化している場合もあります。

骨格の遺伝によるもの

小さな時のおしゃぶりや舌を出すくせによるもの

口呼吸によるもの

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。