インビザラインの治療について

矯正治療の抜歯について

 受け口(反対咬合)の一般的な治療方法はやはり抜歯によってスペースを作り、そのスペースを活用して歯を並べていく方法です。 一方、抜歯をすることなく受け口の矯正が可能な場合もあります。
 上あごと下あごの大きさの違いや前後の位置関係、あごの骨の大きさと歯の大きさの関係などを考慮すると、抜歯が適している場合もあります。

抜歯を避けて歯列を動かす

 叢生(がたがた)を伴って、下あごの歯の数本が上あごよりも前に出ている場合や、下の歯が外側に傾き反対咬合になっている場合には、抜歯を避けた矯正治療で受け口(反対咬合)を治すことができます。
 必要に応じて歯と歯の間に隙間を生みだしながら(ディスキング)歯列を整えたり、歯列を後ろへ後退させることで治療します。

ディスキングとは?

突出が大きい場合の矯正方法

 突出感が大きな場合には、抜歯の必要性が高まります。また、「見た目」の大きな改善や骨格の問題が大きい場合の「かみ合わせ」の改善には外科矯正が必要になります。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。