インビザラインの治療について

過蓋咬合のデメリット

過蓋咬合はディープバイトとも呼ばれ上下のあごのかみ合わせが通常よりも深い症状です。 歯列やあごへ影響を与えやすいものの、比較的治療が難しい症状です。

歯で口内を傷つけやすい

上あごと下あごが深くかみ合っているため、下の歯で上の歯茎を傷つけてしまい、その傷の痛みや口内炎の痛みで悩まされる人もいます。さらに、上の歯茎は下の歯の刺激によって下がりやすく、歯周病のリスクが高まる恐れもあります。

顎関節症になりやすい

過蓋咬合では、上あごで下のあごを後方に押し込める形になるため下あごが自由にくくなります。 そのため、あごに負担がかかり、痛みがでたり、口を開きにくくなるなど、顎関節症の症状につながります。

矯正治療は患者さまの症状により期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。