大人の矯正治療について

矯正治療は子供がするもの?

  矯正治療は子供のうちに行うのが理想的です。歯の動きがはやい上、まだあごが成長途中のため、あごの成長を促したり調整したりすることで、永久歯を抜歯することなく矯正ができるからです。
 しかし、一般的に矯正の開始は年齢に関係なくできますし、年齢に関係なく矯正治療には意味があります。 噛み合わせが改善されることによって食事が取りやすくなったり、歯磨きがしやすくなることで歯周病の予防にもなります。

大人になってからの矯正

 大人になってから矯正を考える方には、かみ合わせ改善の目的はもちろんですが、審美的な目的で治療を受ける方が多くいます。不正咬合を矯正すると、顔の印象が変化することもあります。
 しかし、矯正で得られる効果はそれだけではありません。大人になってからの矯正には実はメリットも多いと考えられています。

かみ合わせの改善

 かみ合わせが改善することで、同時に咀嚼(そしゃく)が改善され、胃腸への負担が減りますし、食事をより楽しめるようになります。

口元が美しく

 元のかみ合わせによっては、矯正後、口元やEラインにより自信を持てるように。

治療計画が立てやすい

 子供の矯正の場合と違って、大人の矯正では、あごの骨の成長が完了しています。そのため、治療の際に成長による変化を考える必要はなく、歯をどのように動かしていくかという治療計画は立てやすくなります。

治療へのモチベーションが高い

 大人になってから矯正治療を行う場合には治療へのモチベーションが高く、自己管理もしっかり行うため、結果を得られやすい特徴があります。

将来のお口の健康につながる

 歯並びが乱れたままでいると、歯みがきが不十分になり、それだけ虫歯や歯周病のリスクが高まります。 また、かみ合わせが整うと口かきちんと閉じるようになり、口腔内環境も改善されます。
 矯正を行い、歯列を整えることによって、虫歯や歯周病のリスクを減らす「予防」 を行うことにもなります。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。